プロフィール

水上克朗【ファイナンシャルプランナー】

自己紹介

慶応義塾大学卒業後、大手金融機関に入社。

営業・企画・総務・クレジット業務など、会社生活において、14回の部署異動、11回の転勤、11年間の単身赴任、二度の会社合併を経験。

56歳のときに、理事(執行役員待遇)から社外出向となり収入が激減。同じタイミングで家族の病気が悪化、実家の父親は認知症で2年半の介護状態、母親も老老介護で疲れ果て胃がんで3ヵ月の余命宣告。両親が立て続けに他界し、ダブル相続にも直面した。

この間、早期退職勧奨、定年退職、再雇用、転職内定辞退、副業(FP)も経験するなかで、ファイナンシャルプランナーの知識を活かし、1億円資産の捻出方法を確立。

現在、相談、執筆、監修、セミナー・研修講師、FP資格取得講座などで、お金の不安を払拭すべく、ライフプラン、家計の見直し、マイホーム購入(住宅ローン、住まい選び)、保険(生保・損保)の加入・見直し、資産運用など総合的な観点からアトバイスを行っている。特に、お金の相談業務は、年間300件を超える。企業コンサルタント(新築事業用建物の固定資産税等軽減など)としても活動中。

なお、プランニングだけでなく、住宅ローン(フラット35)、住宅選び、保険(生保・損保)、証券などワンストップにてサービスの提供を行っている。

また、その内容は、新聞(日本経済、読売、北海道、夕刊フジ)、書籍(「50歳から必ずやっておくべき10のこと」(PHP研究所「THE21」編集部))、雑誌(PHP研究所「THE21」、日本FP協会日本版FPジャーナル)、Web(お金のミカタプロ、ZUUオンライン、YANUSY、東洋経済オンライン、ダイワファンドラップ、THE21オンライン、みずほ銀行ほか大手銀行情報サイトなど)の大手メディアでも数多く取り上げられている。

CFP(日本FP協会認定)、1級ファイナンシャルプランニング技能士、DC(確定拠出年金)プランナー。

著書に「50代から老後の2000万円を貯める方法」(アチーブメント出版)、「図解 見るだけでお金が貯まる賢者のノート」(自由国民社)(2022年7月25日発売)がある。

主な業務

相談、 執筆、監修、セミナー・研修講師、FP資格取得講座、FP資格試験過去問題解説など。

更新日:

Copyright© 水上克朗 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.